MATCH MADE IN HELとは

MATCH MADE IN HELは、フィンエアーとヘルシンキ空港との共同企画。アジアとヨーロッパの中間地点という、ヘルシンキそして北欧全体の位置付けを広く知らしめるキャンペーンです。世界を魅了するイベントの中心地となり、2つの大陸の優秀な人材を結び付けるという目的を持っています。

2014年 Arto Saari Invitational

第1回となる2014年には、大勢のスケートボーダーたちがヘルシンキ空港をスケートリンクへと変えました。

2016年 The Runway

ヨーロッパとアジアを代表するファッション・クリエイターたちが、空港の滑走路で斬新なファッションショーを開催。HEL(ヘルシンキ)に新境地を開きました。

2018年 East and West Side Story

East and West Side Storyは、MATCH MADE IN HEL物語の最終章です。アートという世界の人々の共通言語を用いたこのショートフィルムは、独自の手法で世界の東と西を結びます。